プラネットキッズインターナショナル幼稚園の役割

学ぶことの楽しさを身に付けさせる---これが我々の役割です。
幼稚園で教員や他の子供たちとの交流を通じて、子供たちに「学び」の重要性を理解させます。

幼稚園で子供は知識、社会性を身に付け、感情をコントロールすることを学びます。プラネットキッズ幼稚園のカリキュラムで最も重点を置いているのは
他人と何かを共有すること
お互いに敬意を示すこと
自分のことはひとりでやること
自分で問題を解決すること
常識を身に付けること
主導権をとって正しい行いをすること
です。
幼稚園で学問的な知識を身につけることはもちろん大切ですが、それ以上に一人の人間として成長することが重要だと考えます。
プラネットキッズではそのお手伝いをしています。

 

言語能力プログラムについて

言語能力は
1.    解読
2.    理解
の2点で構成されています。
このどちらが欠けても原語の上達は望めません。

ここで言う解読とは、音声を聞いて単語の区切りを意識することです。
プラネットキッズ幼稚園では単語を意識させるために、言葉遊び、歌、読み聞かせ、文字や単語の発音練習等を毎日繰り返しています。

理解とは、言葉を聞いて意味を理解することです。
プラネットキッズ幼稚園では、話の途中で続きを予想させたり、「いつ? どこで? 誰が? 何を? なぜ? どのように?」の問いに答えさせたり、絵を見ながら物語の起承転結を説明させたりして、話をちゃんと理解出来るように導きます。
また、子供自身に話をさせるのも大切です。幼稚園ではテーマを決めて、例えば「今日の出来事」について話したり、自分が読んだ本のあらすじや感想を話す時間を設けています。

いくら解読が出来ても、つまり多くの単語を覚えても、理解が出来ないと言語を習得したとは言えません。
単語を一つ一つぶつ切りに覚えるのではなく、まとまった文章として捉えその意味を理解することが重要です。
プラネットキッズ幼稚園ではこの二つをバランスよく身に付けさせるため、読み聞かせやグループ読書、書き取り等のプログラムを組んでいます。

算数プログラムについて

プラネットキッズ幼稚園の算数プログラムは、子供が楽しみながら数字に親しめるように構成されています。
指を使って数を数えることから始まって、多種多様の道具を使うようになります。
算数プログラムの最終目的は2つあり、まずは算数を理解すること。そして学ぶことの楽しさを知ることです。子供一人一人の個性に合った道具を使って、算数好きな子供を育てています。
算数の時間には、昔ながらの鉛筆と紙だけではなく、パターンブロックやジオボードを取り入れています。
幼稚園では年齢に応じたレベルの図形、仲間分け、選別、グラフ、足し算、引き算を教えています。

科学プログラムについて

プラネットキッズ幼稚園ではいろいろな経験を通して科学的な事柄を学びます。
ブダペスト及び周辺への遠足、専門家を招いての講演、実験など、子供たちの興味を最大限に引き出します。
身近な体験を通じて各科学分野への導入をします。
例:
・磁石=物理学
・岩石/土壌/水 =物理学
・発掘、恐竜 – 生命/地球科学
・植物=生命科学

 
国際的な行事
プラネットキッズ幼稚園はインターナショナル幼稚園、世界中の子供が集まっています。幼稚園では各国の行事を取り入れています。
10月:ハロウィン
11月:感謝祭
12月:クリスマス、ハヌカ
1月:お正月
2月:節分、バレンタインデー
3月:聖パトリックの日
3月~4月(年によって日が変わります):イースター
5月:両親の日
6月:インターナショナルディ、インターナショナルウィーク、終業式

facebook - Buda